各務原市や美濃加茂市でアシナガバチやスズメバチの蜂の巣駆除や相談受け付けています。

ツゲの中のアシナガバチの巣の駆除
ツゲの中の蜂の巣駆除

岩田造園は各務原市美濃加茂市でお庭のお手入れをしていると春から秋にかけて蜂の巣駆除もしてほしいと相談をされます。


蜂の巣を発見したらお電話下さい。

TEL:080-5103-8442

アシナガバチ駆除7000円~ 

スズメバチ駆除13000円~

詳しくは蜂駆除料金から


蜂は木や草の中に隠れている。

木や草に隠れた蜂の巣
クチナシ、野バラに隠れた蜂の巣

知らない内に巣を刺激して刺される事が多々あります。

 

各務原市や美濃加茂市で蜂が沢山飛んでいて庭に入るのが怖い、刺されるのが心配で庭のお手入れができない方もご相談下さい。


蜂は春から秋まで活動しています。

春に発見した頃は小さい巣でも時間が経つにつれ大きくなってきます!蜂の巣を発見したら早急な駆除や退治等の対処をしましょう!


アシナガバチ
餌を丸めているアシナガバチ

アシナガバチの特徴

アシナガバチは蜜蜂より大きく足が長い事でアシナガバチと呼ばれています。

近年の特徴としてアシナガバチは台風が多いせいか軒下等分かり易い場所に限らず

木や草の様な低い見えない場所に作る傾向がかなり高いです。


アシナガバチの巣
大きくなり始めているアシナガバチの巣

アシナガバチの攻撃性

攻撃性は飛んでいるだけなら襲ってきませんが、除草やガーデニングをしていて巣がある枝や建物に衝撃が加わったりすると襲ってきます。


腫れた右手
蜂刺症でパンパンに腫れた右手

アシナガバチに刺されると

刺された瞬間にバチっと痛みが走ります。

時間が経ったり刺傷箇所付近を動かすと毒がどんどん体に回り腫れてきます。

ポイズンリムーバーが無くても直ぐに水で毒を絞り出してください。

毒が出てるか見えないですがやってください。


ポイズンリムーバ
蜂の巣駆除失敗で刺されてポイズンリムーバで毒を吸引

自分で蜂の巣駆除失敗

毒の量はスズメバチに少ないとはいえアナフィラキーショックの心配があるなら病院で1,2時間待機する事をおすすめします。

酷い場合は入院して一泊5万以上かかる時もあります。

スズメバチ
巣を作っているスズメバチの女王

スズメバチの特徴

スズメバチはアシナガバチの倍大きく女王蜂はさらに大きいですが画像の様に巣作りの段階で駆除するのが最適です。

他に何種類かいますが街中ではほとんどがコガタスズメバチですが、オオスズメバチ、ヒメスズメバチ、キイロスズメバチ、モンスズメバチも遭遇します。


キイロスズメバチの巣
パイナップルの様な形をしたキイロスズメバチの巣

スズメバチの攻撃性

スズメバチはアシナガバチよりも攻撃性が高いですがコガタスズメバチとオオスズメバチとでは大きく異なります。

蜂を確認しようとして刺されてから依頼が来たことも実際にありました。

何蜂か分からない場合は無暗に近づくことは危険です。


腫れた右首
蜂刺症でパンパンに腫れた右首

スズメバチに刺されると

刺された瞬間にズキっと痛みが走ります。

例えるとボールペンで刺された様な感覚です。

3m程逃げたのですが追いかけてくるぐらいです。

毒の量も多いので年間20人前後死亡者が出ているようです。

駆除スプレー
蜂駆除専用スプレーで駆除

駆除の方法 スプレー

巣の大きさによりますがスズメバチの場合には専用駆除スプレーを沢山使用します。

  • 蜂が飛び回り周りに被害が出ない様になるべく早く駆除する為
  • 防護服の中は50度近くになり熱中症対策で早期駆除の為

夜のスズメバチの巣
夜に駆除の為、ライトを照らしたスズメバチの巣

駆除の時間帯

余裕がある場合は早朝か夕方からですが早急な対処が必要な場合は見積り後に可能です。


蜂の巣探し
カイヅカイブキの中にある蜂の巣探し

経験上カイヅカイブキは特に蜂の巣が作られやすい木です。

気配を感じたら木を叩いて安全か確かめましょう。

木の中やホースリール中の駆除

ホースリールの中の蜂
蜂の巣を探していたらホースリールの中にありました

木の中やホースリールの中の様に何処に蜂の巣があるか分からない時も探しながら駆除できます。




蜂の危険性のまとめ

蜂の種類によって危険な蜂もいる!蜂の危険性について紹介!

蜂は冬以外は活動していますが、特に夏から秋にかけて活発的になります。

 

実は日本には4000種類以上もの蜂が存在しているのです。

 

蜂の種類によっては、人間を攻撃するものもいます。

 

山や川などにいるだけでなく、自宅の屋根に巣を作ったり、地面に巣を作るという蜂もいるので、子どもがいる家庭は特に注意が必要です。

 

 

では、今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介していきます。

危険な蜂ってどんな蜂?

冒頭でも紹介したように、日本には4000種類異常の蜂が存在しています。

 

その全てが危険な蜂というわけではありません。

 

ごく一部の蜂が危険なのです。

 

では、危険な蜂について紹介していきます。

 

・オオスズメバチ

・キイロスズメバチ

・モンスズメバチ

・チャイロスズメバチ

・ツマグロスズメバチ

・ツマアカスズメバチ

・コガタスズメバチ

・ヒメスズメバチ

・クロスズメバチ

・アシナガバチ

 

 

これらが特に危険な蜂です。

蜂の危険性!

上記で紹介した蜂はとても危険です。

 

どれほど危険なのでしょうか?

 

では、蜂の危険性について紹介していきます。

 

<スズメバチ>

スズメバチは巣の近くを人間が通っただけで襲ってきます。

 

スズメバチの毒は「毒のカクテル」と呼ばれています。

 

刺す攻撃だけでなく、毒を霧のように巻き散らかすという攻撃もします。

 

なので、目に入った時は失明する可能性もあるので注意しましょう。

 

スズメバチは毒があればずっと刺し続けてきますし、集団に襲われたらとても危険です。

 

<アシナガバチ>

スズメバチよりもおとなしい蜂です。

 

しかし、こちらから巣に近づいたり、いたずら半分で追いかけたりすると攻撃してくるので注意しましょう。

 

アシナガバチは目立たない場所に巣を作ることが多いため、発見されにくいですし、巣を駆除してもまた同じところに作ることもあります。

 

 

なので、しっかりとした対策が必要です。

蜂は早めにプロに駆除してもらおう!

今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介してきました。

 

蜂は4000種類以上もの種類が存在します。

 

その種類によってはとても危険な蜂もいるのです。

 

自宅の屋根や自宅近くの地面などに巣を作って潜んでいる場合もあります。